便秘解消!お試しお茶ランキング

 

なぜ女性は便秘になりやすい?

 

女性というのは男性に比べると便秘の症状が出やすいです。その数は日本人女性の約半分で、便秘はたくさんの女性が悩む深刻な症状といえるでしょう。では、なぜ女性の方は便秘になってしまうのでしょう。ここでは、その理由を2つ紹介します。

 

1つ目:女性特有の体のつくり

 

女性というのは、男性と比較すると筋肉が少なく筋力も弱いです。腹筋にも同じことがいえます。腹筋というのは、大腸に入ってくる食べ物などを動かす働きをするものです。

 

その腹筋の筋力が弱いと、腸の中の食べ物などを動かす力も弱くなります。そのため、便秘になってしまう可能性が高いとされています。

 

また、女性というのは、男性と比べると骨盤の幅が広く、その骨盤のなかに腸が入ってしまい、腸がたるんでしまいます。腸がたるむと便が腸の中を進む時間がたくさんかかってしまうのです。

 

小腸に便がある状態のときには水分はたっぷり含まれていますが、大腸に入ると徐々に水分が体内に吸収されてしまいます。それにより、便秘が引き起こされるというわけです。

 

2つ目:ホルモンの関係

 

便秘とホルモンには関係性があります。ホルモンの一種である黄体ホルモンというホルモンが便秘を引き起こす要因の1つです。

 

黄体ホルモンとは、女性の体でも特に妊娠をするときに重要な子宮の働きを助けるホルモンで、子宮が収縮するのを和らげる働きがあるホルモンです。このホルモンが腸の動きに関わる筋肉に影響を及ぼします。影響を及ぼされることによって、便がスムーズに排出されず、便秘になるということです。

 

ほかにも、筋腫や卵巣嚢腫などの疾患により便秘になる可能性があります。このようなことが疑われたら産婦人科を受診することが賢明といえるでしょう。

 

便秘がひどくなると何か病気を引き起こす?

 

腸の中の環境が悪くなる原因に便秘がありますが、それが原因で、病気になってしまう可能性が高くなります。例えば、ガンでは、大腸ガンや直腸ガン、ほかには肝臓病や腎臓病を引き起こしたり、腸閉塞や腸ねん転などの病気を引き起こす可能性があります。

 

これらは命に関わる病気なので便秘は恐ろしい症状といえます。ほかにも、痔や過敏性腸症候群といった病気を引き起こすこともあります。

 

これらの病気は便秘だけが原因で引き起こされる病気ではありません。しかし、便秘を放っておくとこれらの病気になるリスクが高まってしまうため、便秘を甘く考えないようにしたほうがいいのです。

 

便秘によって引き起こされるものには、ほかにも、頭痛やめまい、肩こりなども挙げられます。便秘になると腸内で有毒ガスが発生します。この有毒ガスは自律神経のバランスを崩してしまうことがあるため、頭痛やめまいなどが引き起こされるのです。

 

このようなことにならないために、便秘を引き起こす原因の1つである生活習慣の乱れを見直すことが必要になってくるでしょう。今現在、便秘の症状が出ている方の場合でも便秘を改善する努力をしていくことが大切です。

 

便秘とは関係性がないような病気でも気を付けておきたい病気があるので、便秘と関係なさそうな病気でも便秘と関係があると思っておいたほうがいいでしょう。病気を治療する目的で処方されている薬によって便秘になることがあります。病気を治療しているので、便秘になりたくないからと薬を飲むのを中止することは難しいです。

 

そのときには、主治医と相談をするなどして、同じような効果がある薬で便秘の症状が出にくい薬に替えてもらうようにしてみるといいでしょう。ほかにも、便秘を改善する運動なども取り入れましょう。

新着情報